【補償なし】内定取り消しで補償や損害賠償を相談【泣き寝入り】

キャリア

私、エンジニアでありながら入社日延期し、内定取り消しになりました。

原因は新型コロナウイルスの影響です。

入社日延期した期間は、休業補償なし。

内定取り消し後も、補償金は一切なし。

会社に対して賠償金を請求できないの?

国や地方から助成金、補助金はないの?

私自身、その点について疑問に思い、様々な機関に相談しました。

今回は、その補助金や助成金に関する相談内容を共有したいと思います!

相談した機関は以下の通りです。

・弁護士
・市役所
・ハローワーク
・転職エージェント
・キャリアセンター

相談した結果と、それぞれの相談内容について説明していきますね。

因みに、私が入社日延期、内定取り消しになった経緯については以下の記事から参照です。

【結論】内定取り消し者の補助金はもらえませんでした

結論から言います。私の場合は補償金は出ませんでした。

国、地方を含めて、2020年7月9日時点では内定取り消しされた人に対する助成金等は出ていません。

また、損害賠償もできないことは無いですが、原因が新型コロナウイルスだと、勝訴は厳しいとのことです。

理由は大きく2つあります。

✓新型コロナウイルスの責任の所在が不明瞭

✓私の場合、口約束での内定だった点

1つ目は全ての内定取り消し者が対象となる理由です。

2つ目は結構異例なタイプですね。

【理由1】コロナウイルスは責任が不明確であるから

1つ目の理由から説明していきます。

まず原因が新型コロナウイルスの影響なので、責任者がいない点です。

要するに、コロナウイルスは誰のせいにもできないから、裁判にしても判断しにくいってことです。

特に外部的な要因が無く、急遽会社から一方的に内定取り消しを告げられれば、それは裁判で勝てるかもしれません。

しかし、今回は新型コロナウイルスの影響という明確な理由があるため、判断が難しいとのこと。

さらに、新型コロナウイルスにおける裁判は判例(裁判の前例)が無いため、下手に提言できません。

よって、会社からの補助金は出ない。ということでした。

【理由2】口約束での内定だった

さらに私の場合、書類としては内々定承諾書のみである点も大きかったです。

むしろ、これが最大の理由です。

後述しますが、内定として契約がある場合はある程度補償金は出るようです。

【過程】各機関での相談内容と対応

弁護士は判例に基づく事実しか言えない

弁護士も特例関係に関しては下手に提言できないです。

今回は、判例がないことに関して、踏み込んだことは言えません。

故に、今回の新型コロナウイルスによる裁判関係については明確に言うことができないのが現状です。

市役所は専門の受付がない

市役所もコロナや内定取り消し専門の受付が完備されていないです。

緊急事態というのもあり、地域支援課といった生活保護担当の方が代わりに対応していたりしています。

その方たちもまだ整備されていない環境の中なので、正直対応は後手に回りがちで、ハローワークに対応できないかといった対応になります。

ハローワークは対応している企業が少ない

ハローワークも扱っていない求人だと、会社への休業補償などの手続きを取り持てないことが多いです。

休業補償などの相談をしましたが、ハローワークの方もまだ何とも言えないといった状況でした。

転職エージェントは労働関係に対して提言しにくい

転職エージェントも職に就くまでの斡旋が主な業務であるため、労働関係に関しては何も言えません。

紹介会社というだけで、労働関係の手続きについて話してくれるわけではありません。

あくまで、就職するまでが転職エージェントの役割だそうです。

キャリアセンターは雇用の対応はしているが補償金は専門外

キャリアセンターも一時的な雇用は可能ですが、補償金などに関しては何も言えない状態でした。

キャリアセンターはただでさえ21卒の氷河期(?)就活でカオスな状況なのに、20卒の内定取り消しの対応まで手が回りません。

こういった経緯もあり、キャリアセンターも対応が後手に回りがちなのが現状です。

【結果】今は泣き寝入り。じゃあどうする?

私の場合、泣き寝入り状態が現実でした。

しかし、最近になって少し動き始めたようです。

厚生労働省の対応

7月7日、厚生労働省のホームページで給付金のページが更新されました。

▼以下のページ。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

要するに、中小企業で、会社都合の退職になったけど給付金がない人は休業支援金・給付金を申請できますよ!って話です。

現在、私も内々定ではありましたが、申請中です。

今後詳細についてはまた発信していきます。

一応、このあたりの情報についてまとめた記事を作成しました。

法的には会社に休業補償を請求できる

また、一応法的には休業補償は出るとのことです。

相談Q&A(内定取り消し、入社時期延期関係) | 日本労働組合総連合会福島県連合会
Q.今春から就職が決まっている新卒の内定者ですが、内定取り消し等が不安です。 A.新卒の採用内定者について、労働契約が成立したと認められる場合には、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない採用内定の取消は無効となります。もし、内定が取り消されそう、内定の取り消しの通知がなされたときは、承諾せず、学...

しかし、法的な休業補償も状況によります。

自分の場合は書面での内定通知書が無かったため、適応できなさそうです。

現在、申請中。後日紹介します。

就職支援サポートは各所多いのでまずは就活!

支援金などの請求もしていきますが、それよりもまずは仕事を探すことを第一に考えています。

仕事の応募に関しては、少ない求人の中、各所が力を入れています。

ハローワークやキャリアセンターもこちらに関してはかなり力を入れて対応しています。

まずは、仕事を見つけつつ、生活するためのお金に関しても学んでいきましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました