【就活生必見!】内定取り消し企業を見極めるポイント5選【要警戒】

内定取り消し対策

新型コロナウイルスの影響により、企業の内定取り消しが多発したニュースも増えてきました。

現在も就職活動の中で、内定取り消しや内定の取り下げなどが起こっています。

実際、私も新卒で入社予定の会社が内定取り消しになり、その後開始した就職活動中も内定を取り下げられたりしました。

しかし、そういった内定取り消しや内定取り下げを行う企業にはある程度傾向があります。

そこで今回は、内定取り消しを行う企業を見極めるためのポイントについて解説していきます!

この記事でわかること!

  • 内定取り消しを行う企業の傾向
  • それを見極めるポイント

実際に内定取り消しを受けた私が、内定取り消しのニュースや同じように内定取り消しになった知り合いと話してわかった企業のポイントを解説します。

また、この企業のポイントと合わせて内定承諾後の企業の行動に関しても警戒しておきましょう。

内定取り消しの前兆となる行動は以下の記事で紹介しています。

内定取り消しを実施する企業の特徴5選

①収入源が限定的

内定取り消しを実施する傾向のある企業の特徴の1つ目は、収入源が限定的である点です。

本当は財務諸表とかの指標を見ることが確実ですが、そういうのは正直素人目線では判断が難しい。

そして、中小企業なんかは大体財務諸表を公表していなかったりします。

そのため、その会社のビジネスモデルはどのようなものか?を考えることが重要。

特に、事業が1つしかしていない企業や、取引先がかなり偏っている企業は、少し景気が傾いただけで一気に追い込まれます。

実際、私の会社もまだまだ需要のあるIT企業でしたが、SESという他の会社から仕事をもらう前提の会社形態でした。

そのこともあり、コロナで取引先が軒並み減少したことで、仕事が減る。仕事が減って人員の負担が重くなる。ならば、切りやすいところから切ろうということで内定取り消しになりました。

因みにSESがコロナで危なくなっていることは以下の記事で詳しく解説しています。

この収入源が限定的な点についてを見極めるには、企業のホームページや求人サイトで会社の事業を中心に見ましょう。

財務諸表を見る以外は、正直それくらいしかありません。

面接での逆質問で「御社の事業は○○がメインだと思いますが、他にどんな事業があるのでしょうか」とかもありかもしれませんね。

②採用人数や採用活動が極端

内定取り消しを実施する傾向のある企業の特徴2つ目は、採用人数や採用活動が極端な点です。

具体的には、社員数に対して、求人をかけている人数が極端に多いこと。

また、採用活動が1年中実施していること。

他にも、新卒以外の求人を大量に募集していること。

これらの特徴は、人材を取り敢えずこしらえておこうというスタンスの企業が多い傾向にあります。

取り敢えず人材を集めて、状況が悪くなったらやめてもらう、もしくはやめるように促す。

そのため、必然的に内定取り消しを遂行する傾向が高い。

また、これらがすべて該当する場合、内定取り消しがなかったとしても、ブラック企業である確率が高いです。

ブラック企業は、取り敢えず辞めるまで人をこき使って、辞めても大丈夫なようにどんどん人を入れていくため、採用活動が極端になりやすい。

採用活動が極端かどうかは、求人サイト以外にも転職エージェントや転職サイトを活用して、企業の採用活動全体を見てみることをおすすめします。

特に新卒や20代におすすめの就職・転職サービスは以下の記事で紹介しています。

③ビジョンが見えない・大きすぎ

内定取り消しを行う傾向のある企業の特徴3つ目は、会社の経営理念や今後のビジョンが極端である点です。

極端というのは、会社のビジョンがない、もしくは身の丈に合わない大きさのもの。

例えば、企業のホームページを見ても、「未経験歓迎!」「アットホームです!」とかしか書いていなくて、どんな人のために事業をしているのか?が全然見えない会社。

他にも、まだ1年目のスタートアップなのに、「今年中に上場!」「業界トップを目指します!」とか言っている企業。

これらは割と危険な傾向が高いです。

まず、会社の今後のビジョンが見えない企業は、大体ブラック企業が多く、取り敢えず仕事を任せてこき使って、、、というスタンスのため、理念やビジョンもくそもありません。

また、会社のビジョンが大きすぎる企業は、馬鹿でかいビジョンにしか魅力がないから、そこしかアピールしないという傾向があります。

これらを見極めるには、とにかく会社のホームページを見ましょう。

ネタかと思えるほどわかりやすい企業もあるので、この視点でいろいろな企業を見てみると参考になりますよ。

④社員の口コミが悪い

あとは、少し極端ですが、社員の口コミが悪い企業も要注意です。

ネットでの評判は偏るのは重々承知していますが、会社だけの情報も偏っていることを理解しましょう。

会社の提供する情報は9割9分がポジティブな情報です。

そのため、企業から内定をもらうと、「もうこの企業でいいや、こういうメリットあるし」と妥協してそのまま内定を承諾してしまいがち。

ネットや口コミサイトのマイナス面が多めな情報も取り入れて、客観的に内定を承諾していいのか判断しましょう。

おすすめの口コミサイトに関しても、こちらの記事で紹介しています。

⑤研修制度を売りにしている

若干当たりはずれはありますが、研修制度を売りにしている企業も内定取り消しを実施しやすいことがあります。

研修制度が充実している点は、かなり魅力的に聞こえるかもしれませんが、単純に研修で仕事を先延ばししている可能性も高い。

また、研修で人材のスキルなどを判断して、スキルがないことを理由に内定取り消しや入社前とは異なる業種への異動を行うことも。

そのため、研修制度が充実していることも一長一短である点も配慮しておきましょう。

しかし、難しいのが、OJTでいきなり現場に飛ばしてというのもあること。

それはそれで雑務が多かったり、無茶苦茶な業務を押し付けるパターンもあります。

そのため、研修制度が充実している、していないだけでは判断は下しにくい。

ただ、研修制度「だけ」を売りにしている場合は、結構研修を悪用する傾向が高い印象があります。とにかく、企業ホームページを確認しましょう。

あとは、上述した内定取り消しを実施する傾向のある企業の4つの特徴と、照らし合わせて考えましょう。

最後に

それでも見極めは難しい

正直、内定取り消しを行う企業かどうかは、実際に内定取り消しを受けるまでわからないのが本音です。

特に、ベンチャー企業は本当にわからないのが現実。

①の収入源が限定的な点は、「まだ会社としての事業を開始したばかりだし」と言い訳ができます。

②の採用活動が極端な点は、「今は急成長を目指しているから」と言い訳が可能。

③のビジョンに関しては、「今は取り敢えず事業に集中したいから理念は考え中」とか「でかめのビジョンから徐々に狭めていく予定です」とかで言い訳できるわけで。

④の口コミに関しては、出来立てのベンチャーはそもそも口コミがなかったりします。

⑤の研修に関しても、「親会社が研修してくれて、、、」とか言えたり。

けれども、ある程度これらの特徴に当てはまっている可能性が少しでもあれば、内定取り消しになる可能性があると警戒することはできます。

内定取り消しになる可能性をある程度考慮していれば少しでも対応に遅れることは防げるわけで。

何かしらの予兆があれば、内定取り消しになる可能性を予想し、自主退職を促しているのかも?と警戒していきましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました