コロナ禍の入社延期・内定取り消し者への補償・給付金を解説!【厚生労働省】

キャリア

私、入社日延期、内定取り消しになりました。

経緯は以下の記事から読めます。

しかし、

入社日延期、内定取り消しに対して補償金とかないの?

という疑問が出ることと思います。

ここ2か月間は全くない状況でしたが、7月7日厚生労働省から支援金・給付金の新しい申請ができるようになりました!

どうやら休業補償が企業から渡されなかった人向けに補償金の申請ができるようになったとのことです。

今回はその新たに更新された厚生労働省の休業給付金について解説します。

具体的にどう申請するか?についての記事はまた別で作成しました!

以下の記事からどうぞ!

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは?

コロナによる休業を支援する給付金!

新型コロナウイルスの影響で、休業を無理に強いられ、給料が支払われていないも多いと思います。

私も、コロナで入社日延期・内定取り消しになり、その間給料は一切ありませんでした。

こういった人たちのために支援する給付金が、

厚生労働省が7月7日に更新された新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金というわけです。

(名前が長いなぁ。。。)

休業中の給料80%が補償される!

問題はどれくらいの金額が給付されるのか?です。

一応、ざっくり言うと、休業中にもらえるはずだった給料の80%が補償されます!

厚労省によると、

こういう計算だそうです。

(ややこしいなぁ。。。)

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象者

中小企業で休業補償金が補償されなかった労働者!

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の申請の対象者は

  • 中小企業の労働者
  • コロナにより休業したがその補償金がもらえていない

の両方が該当する人になります。

内定を得て、入社日延期・内定取り消しになった人も、労働契約があるため対象者です。

また、支給金がもらう予定のある場合は、対象外に当たります。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の申請方法

【関連記事】申請手順解説記事

具体的な手順については以下の記事でまとめています!

申請書(2種類)の用意

まずは、支給申請書を用意します。

申請書は大きく2種類あります。

申請書 2種類

  • 支給申請書
  • 支給要件確認書

この2つです。

どうやって用意するかに関しても2種類あります。

申請書の用意法

  • ハローワークで受け取る
  • 厚生労働省のホームページでダウンロードする

まず、1つ目はハローワークで受け取ることです。

最寄りのハローワークの受付にいくと一瞬で受け取れました。

(私もハローワークで受け取りました。)

2つ目は、厚生労働省のホームページでダウンロードする方法です。

厚生労働省の対象ページから、下の図で赤く囲った部分でダウンロードできます。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

(結構下の方にある「申請手続き」という見出しにあります)

因みに、Wordはありません。。。

支給申請書を記入して提出

次に、記入して提出です。

書く欄は結構あります。

具体的な手順については後日、実際の画像とともに紹介しますね。

あとは、必要なものを準備して、提出します。

必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 振込先口座がわかる書類(キャッシュカードなど)
  • 給与に関する情報がある書類(給与明細の写しなど)

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の課題

現時点では書類申請のみ

しかし、こういった休業支援金・給付金にも課題がいくつかあります。

1つ目は、現時点では書類申請のみである点です。

オンライン申請は準備中だそうです。

けれど、いつになるのかわからないのと、書類作成で結構時間がかかることから、オンラインで申請するのは割と危険かもしれません。

しかも、申請には期限があります。

4月の休業なら9月末まで、などなど。。。

会社に記入してもらう欄がある

2つ目の課題は書類作成の手間にあります。

特に、支給要件確認書には、会社・事業主に書いてもらわなければならない欄があります。

これが結構手間がかかると思います。

私の場合、内定取り消しになったので、もう関係性のない会社にもう一度連絡しなければなりません。

また、会社からしても、「休業補償をしなかった会社」というレッテルを貼られることになります。

なので、事業主もスッと書いてくれることは難しいかもしれません。

もちろん、事業主に協力を得られない場合は労働局から調査されることになります。

しかし、そんなことしたら会社にいられないという労働者も多いでしょう。

こういう労働者特有の弱さが結構課題だと思います。

最後に

取り敢えず私も、内定取り消しした会社にどうサインを要求するか計画中です。

こういった入社日延期、内定取り消しになった情報をこれからも随時発信していきます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。

【追記】申請手順の解説記事を作成!

具体的な申請の手順について記事をまとめてみました!

以下の記事からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました