SESとは?仕事内容やメリット、闇について解説!【IT業界】

キャリア

よくSESがヤバい!みたいな話を聞くけど、何でなの?

そもそも、SESって何?IT業界の業種がよくわからない!

ということがないでしょうか?

昨今、エンジニア就職ブームによりIT業界への関心が高まっています。

しかし、IT業界と一言で言っても様々。

今回は、IT業界の中でもSESについて深く解説していきます!

この動画でわかること!

・SESとは何か?

・SESの業務の全体像

・SESのメリット(良いところ)

・SESが闇と言われる理由などなど

SESとは?

エンジニアのサービス会社のこと!

難い言い方では、「準委任契約」形態のスタッフ・エンジニアリング・サービスのことです。

ざっくり言うと、エンジニアのスタッフを提供するサービス会社です。

図としては以下の通りです。(各工程は後程説明します。)

一応、詳細も以下から話します。

SESは、IT化したい会社が導入したいシステムを工程ごとに社員を派遣することです。

契約の分類としては、準委任契約になります。

準委任契約は、受注者が、依頼されたことするのを約束する契約のことです。

詳しくは以下の記事で紹介しています!

SESの業務とは?

全体像

先ほどスルーしたエンジニアの各工程について説明します。

ざっくり言うと、

エンジニアの業務の工程
  • 要件定義
    お客さんとどんなIT化したいか決める
  • 基本設計
    お客さんの意見をもとにざっくりサービスを組む
  • 詳細設計
    組んだ内容をもとにどう製造するか組む
  • 製造
    実際にサービスをつくってみる

  • テスト
    そのサービスを試して、調整する

という工程になります。

そして、それに伴うエンジニアの必要な人数も変わってきます。

具体的には、上が少なく、下が多くなってきます。

それらを踏まえて図式化したものが以下の通りです。

ざっくりとエンジニア業務のイメージがつかめたでしょうか。

SESはこれらの工程ごとに人をサービスする会社になります。

SESのメリットとは?

未経験でも入りやすい

駆け出しエンジニアにとってここが大きなメリットです。

SESは実務経験が無くても入社しやすい傾向にあります。

自社開発はどうしても煌びやかな印象があり、目指したい気持ちはわかります。

しかし、現実的に入社しやすいのは間違いなくSESになります。

もちろん、SESだろうと、面接を受けるためにプログラミング学習やポートフォリオの作成は必須です。

むしろ、未経験だからこそ、こういった自主学習をする姿勢についてよく聞かれます。

SESの闇3選

ということで、SESのメリットについて触れましたが、それだけではありません。

SESで検索すると、大体「SES 闇」とか「SES ブラック」とか出てきます。

そのあたりの具体的な内容について解説します。

下流雑務過ぎ問題

これが代表的なSESブラック問題です。

エンジニアの下流工程がヤバいという理由で、こういった闇といった名称がつけられることになった所以です。

具体的にどうヤバいのかというと、

・ひたすらカーナビを投げるだけの仕事

 ➡カーナビが衝撃に耐えうるかのテスト工程

・ひたすらスマホゲームのガチャを回すだけの仕事

 ➡スマホゲームがちゃんとガチャを回せるかのテスト工程

といったものです。

何のために仕事しているのか分からない。。。

となるエンジニアが多いのはこういった理由が背景にあります。

でも、エンジニアって人材不足って言われているじゃん!

確かにそうです。

しかし、エンジニアが人材不足と言われているのは上流工程が主です。

図としては以下のような状況になっています。

このような状況だからこそ、下流工程はより雑務多すぎみたいな悪評が立つことになっています。

これが問題なのは大きく2つあります。

その場しのぎの人材を飛ばすSES

勉強させてくれると思っている下流エンジニア

この関係が続く限り、この闇は無くならないかもしれません。

なので、私含め駆け出しエンジニアはとにかく自分から勉強していく!という姿勢が重要だと考えています。

2020年問題

この問題は、2020年からのIT教育の義務化です。

2020年からIT教育が義務化することで、今駆け出しエンジニアが勉強している「PHPの条件分岐」とか「Javaのカプセル化」とかが常識になってきます。

今の私たちが日常会話レベルの英語を扱えるのと同様に、プログラミング言語を扱えるようになるといわれています。

およそ10年後にはそんな状況がかなり現実的になってきます。

となると、10年後の日本のエンジニアはどうなるか?

下流工程でスマホゲームのガチャを回している人は仕事が無くなるかもしれません。

なので、SESの駆け出しエンジニアが上流工程に早いうちから携わるのはかなり重要になります。

3か月契約問題

今直近で起こっている駆け出しエンジニアパニックです。

SESは基本3か月のIT化したい会社との契約で成立する企業です。

逆に契約が無ければ仕事はありません。

その契約が無くて仕事が無くなるという状況が今起こっています。

というのも、4月の緊急事態宣言により、IT化する余力が無い会社が急増したことが原因です。

4月はじめの時点では、4月から6月までの契約があることからSESは仕事が続けられました。

しかし、7月から、10月から、の3か月間の契約は無しで!という会社がここ最近で急増しております。

IT化したい会社も、本業に当たる自分の会社の経営が怪しくなったとき、真っ先に契約を切るのは広告やIT化といった直接的に関係ない分野です。

特に保守運用などの下流工程は後回しにしても、問題ないためこのような事態が起こっています。

ただでさえ人が余りはじめている下流工程の人材がさらに余り出しています。

そのため、現時点で未経験駆け出しエンジニアのSES就職はかなり厳しいのが現状です。

私も、7月からの契約が少ないという理由で内定取り消しになりました。

その経緯については、以下の記事で紹介しています。

7月からの契約が怪しいという話は以下の記事でも紹介しています。

SESのビジネスモデルをもとになぜ厳しいか書いています。

SESのコロナショックはこれから

コロナショックにより、飲食店や音楽業界などには直接ダメージが来ています。

しかし、ダメージが来た会社と契約しているSESも少し遅れてダメージが来ています。

契約している会社も、一度体制が整うまでIT化しようとはならないでしょう。

そのため、SESの仕事が復旧するのは、飲食店や音楽業界が落ち着いてからになるかもしれません。

となると、SESのコロナショックはこれからが本番になるでしょう。

そんな中、駆け出しエンジニアは何ができるか?

現在模索中です。。。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。

タイトルとURLをコピーしました