当事者が語る!IT業界で入社日延期・内定取り消しが多発する理由とは?

キャリア

新型コロナウイルスの影響で多くの新入社員が入社日延期、内定取り消しになっています。

実は、IT業界も例外ではありません。

でも、散々「エンジニアが不足している!」「プログラミングスキルはこれから必要だ!」と言われているIT業界です。

なぜ人材不足と言われているIT業界で入社日延期・内定取り消しが?

という疑問も抱くでしょう。

ということで、今回は実際にIT業界において入社日延期・内定取り消しになった私が、IT企業でも入社日延期・内定取り消しになる理由について解説します。

この記事でわかること

  • 入社日延期・内定取り消しになるIT業界の特徴
  • IT業界で入社日延期・内定取り消しになる理由

まずは、入社日延期・内定取り消しになるIT企業について解説し、なぜその企業が入社日延期・内定取り消しになるのか?について書いていきます。

因みに、私がIT企業で入社日延期・内定取り消しになった経緯については以下の記事で書いています。

それでは、いきましょう。

IT業界で入社日延期・内定取り消しが多発する企業はSES

まずは、入社日延期・内定取り消しが多発するIT業界の特徴です。

結論から言うと、SESで内定取り消しが多発しています。

SESとは、シンプルに言うとITエンジニアの派遣会社のイメージです。

SESについての解説は、以下の記事で詳しく書いています。

新型コロナウイルスにより、このSESで入社日延期・内定取り消しが多発しています。

それではなぜSESで入社日延期・内定取り消しが多発するのか?

そこについて詳しい理由を書いていきます。


理由①:IT業界の中でもSESは他社に依存しているビジネス

結論から言います。

SESは他社に依存しているビジネスモデルだからです。

先ほども軽く言いましたが、SESはざっくり言うとITエンジニアの派遣会社です。

この派遣先が、新型コロナウイルスによってSESと契約が出来なくなっていっていると。

具体的には、飲食店や音楽業界のシステムを開発していたエンジニアの仕事が必要なくなってきているということ。必要ないとまで言わなくても、後回しにされることでどんどんSESが持っていた契約業務が無くなってきているんですよね。


特にSESの契約がどんどん切られやすい分野は、ITの運用・保守です。

やはり、ITの運用・保守は後回しになりがちです。

そもそも、SESが最も契約する数の多い仕事は、運用・保守やテストになります。

なので、もともとSESは主に下流と呼ばれるテストや運用・保守などを担当する仕事が任せられていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響でそういった仕事を外注する余裕がない企業が増えてきています。

となると、真っ先に外注する仕事を切るのは、緊急性の低い運用・保守やテストといった工程の契約です。

確かに、アプリのメンテナンスとかって大したことないことが多いですよね。動作が軽くなったとか、デザインが少し変わったとか。

大幅なメンテナンスが急遽必要とかではない限り、IT系の仕事は後回しにされます。

このコロナ禍で後回しにされないようなメンテナンス作業なんて、個人の支払い情報が流出した某セブンPayくらいのものじゃないとやらないでしょう。

そして、その運用・保守を主な仕事としているSESの契約がどんどん減少しているのが現在のIT業界になります。

これが、新型コロナウイルスの影響により他社からSESが契約を切られる最大の理由です。

そして、そういった経緯からIT業界でも新型コロナウイルスの影響による入社日延期や内定取り消しが続発している理由になりますね。


理由②:IT業界でも人材過多な下流工程

また、IT業界の中でSESが入社日延期と内定取り消しが勃発する理由として、下流工程に人材が飽和してしまっているということが挙げられます。

とは言っても、エンジニアって人材不足って言われているじゃん!と思う方。

ごもっともです。散々エンジニアはネットをはじめとして人材不足と言われていますからね。

しかし、人材不足とは言っても、どのエンジニアが人材不足なのか?はあまり言及されていません。

結論から言うと、人材不足なエンジニアというのは上流工程にあるエンジニアになります。

図として表現すると以下のようになりますね。

実際は白色の枠ぐらいの人数比率で、上流工程から下流工程にかけて人が必要なのですが、実際には黄色の線くらいにエンジニアが偏っているという状況。

このような状況だからこそ、下流工程はより雑務多すぎみたいな悪評が立つことになっています。

具体的にどうヤバいのかというと、

・ひたすらカーナビを投げるだけの仕事

 ➡カーナビが衝撃に耐えうるかのテスト工程

・ひたすらスマホゲームのガチャを回すだけの仕事

 ➡スマホゲームがちゃんとガチャを回せるかのテスト工程

といったもの。

なので、仕事があったとしてもこんな仕事ばっかり。

下手したら、IT業界でも入社日延期で時間稼ぎされたり、内定取り消しになったり。

こういう経緯で、人材不足と言われているIT業界でも、SESはコロナ禍で入社日延期と内定取り消しが起こっています。


最後に

ということで、新型コロナウイルスの影響でIT業界の中でも入社日延期・内定取り消しになる企業とその理由についての解説でした。

まとめると、

新型コロナウイルス

➡飲食店や音楽業界がピンチ!

➡飲食店や音楽業界のIT化を担当しているSESがピンチ!

➡SESなどのIT企業で入社日延期・内定取り消しが多発!

といった流れになります。

人材不足と言われているIT企業やIT業界だからと言って、一概に安心はできません。

この流れは今後もより強くなることが予想されるため、駆け出しエンジニアは今後のキャリアプランをよく考えていきましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました