自社開発でのキャリアパス形成についてを解説!【IT業界】

キャリア

最近エンジニアへの転職やキャリア形成がブームに来ていますね。

しかし、

自社開発でのキャリアってどう踏むの?

こんな疑問が湧き出ることと思います。

特に、自社開発は人気があり気になっている人も多いでしょう。

そこで、今回は自社開発エンジニアのキャリアパスについて解説します!

SIerのキャリアパスについては以下の記事からどうぞ!

エンジニアの仕事

プログラマー

設計書に従ってプログラミングを担当するポジションです。

エンジニアというと、一番イメージが付く職業ですね。

上の図でいうところの製造に当たる役割になります。

Webエンジニア

プログラミングだけでなく、インフラからサーバサイド、フロントエンドまで幅広くカバーするポジションです。

インフラは、PCの機器を管理したりする仕事です。

サーバーサイドは、具体的にはJavaやRuby、PHPなどのサーバーやデータベースを扱う仕事です。

フロントエンドは、具体的にはHTMLやCSS、JavaScriptなどのブラウザ側の操作をする仕事です。

これらを扱う職業を一般的にWebエンジニアというわけですね。

ビジネスサイドの仕事

サービススペシャリスト

サービス開発の優先順位を決め、品質責任を持ち、サービスの売上管理をおこなうポジションです。

開発したサービスを管理する職業ですね。

主に、開発や品質管理、売り上げなどの利益管理をする役割になります。

マネジメントの仕事

CTO

全社的な技術戦略の策定および実行から、エンジニアの採用、教育、チームビルディングなどをおこなう経営ポジションです。

経営者であるCEOに近い立ち位置ですね。

エンジニアに特化した経営者のイメージになります。

スペシャリストとしての仕事

技術スペシャリスト

各分野のスペシャリストで、開発を続けながら数名のマネジメントをしたり、場合によっては一切マネジメントをせずに開発や研究専門とするポジションです。

プログラマーやシステムエンジニアに特化したスペシャリストですね。

名称はまちまちですが、こういったポジションも自社開発には存在します。

最後に

どんなキャリアを踏みたいか考えておこう!

エンジニアの就職・転職をするなかで、将来のビジョンはよく聞かれる質問です。

この将来のビジョンに対する質問は、企業によっては10年スパンの長期的なビジョンも聞かれることが多いです。

この時に、将来のビジョンで具体的な職業や役割を話せないと、短期的にしか働かないのかなという印象を持たれます。

しっかり長期的にエンジニアとして働きたいという意思を見せるためにも、このキャリアパスをもとに、将来のビジョンについて考えていきましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。


SIerでのキャリアパスについては以下の記事からどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました