インフラエンジニアとは?ITインフラの意味や役割について解説!【キャリア】

キャリア

怒涛のエンジニア就職ブーム。

とはいえ、エンジニアとは言ってもインフラや開発など様々。

中には、

インフラエンジニアって、何するの?

そもそもITのインフラって何なの?

という方も多いのではないでしょうか。

なので、今回はインフラエンジニアとは何か、インフラエンジニアが安定している理由などについて解説します。

ITインフラとは

インターネットの土台となるものたちのこと!

インフラという広い言葉でいうと、大体道路や水道、ダムとかになります。

産業の基盤となる施設です。

ITインフラは開発に関わる産業の基盤となる施設のことになります。

例えば、サーバ、ハードウェア、ソフトウェアなどなど。

ITが安定的に稼働するために必要な機材です。

ざっくりまとめるとこうなります。

インフラエンジニアの役割とは?

ITが安定するための保守運用をする人たち!

インフラエンジニアは、そんなITが安定的に稼働するために必要な機材を保守・運用を行うエンジニアです。

そして、その保守・運用にもレベルがあります。

上から見ていきます。

要件定義

まずは要件定義です。

お客さんとお話をして、大雑把に何をするかを決めます。

基本設計

次に基本設計です。

イメージは工程の大枠についての設計です。

詳細設計

その次は詳細設計です。

作業の分担や作業の細かい部分まで設計します。

維持保守運用

その次は維持保守・構築です。

発注や設定、テストなどがここにあたります。

運用監視

最後は運用監視です。

安定に向けた調整として、稼働しているかをチェックします。

インフラエンジニアの強みとは?

THE安定職!【BtoB×スキル】

それでは最後に、インフラエンジニアの強みについて話します。

一般的には、インフラより開発のほうがよく思われがちです。

開発のほうが、エンジニアっぽさがあるからですかね?

でも、インフラエンジニアは不況に強いです。

このようなコロナウイルスでバタバタしていますが、皆さんが使っているクレジットカードやピタパなどの交通ICは問題なく使えているはずです。

それはインフラエンジニアが運用保守しているからです。

ちなみに開発は、不況で案件が止められたらそこから進歩しません。

このようにインフラエンジニアは生活に必要な基盤なので、不況に左右されにくいです。

また、インフラに限らず近年のエンジニアは、チームで働く楽しさを感じることができます。

近年の急激なエンジニアの増加と、ITの案件の巨大化により、プロジェクトの単位が大きくなっています。

そのため、エンジニアはチーム開発が鉄板になりつつあります。

チーム開発にはコミュニケーション能力などが求められますが、それだけ一般的な能力も身につくようになります。


ということで、インフラエンジニアの解説でした。

エンジニアの種類についてはまた記事を書こうとおもいます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

それではまた次回。

ブログかTwitterかで会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました